2008年 11月 19日
パリ・ブレスト
b0125145_16195064.jpg


今日も顔をゆるめてくだされ(笑)

パリ・ブレストを作りました。ブルターニュ半島の先っちょにある港町のブレストとパリの間で行われた自転車レースが名前の由来。丸く円に絞ったシュー生地は自転車の車輪に見立てたもの。

ボリュームたっぷりに美しくクリームを絞るのが醍醐味ですが、水分をたっぷりと含んだクリーム達ですぐにシュー生地はしとってしまいます。作りたてが一番おいしいので、お店で買うより作れた方が断然嬉しいお菓子。しかも「嫌いな人はいないでしょ!」という組み合わせです♪ もともとはバタークリームをはさんだみたいですが、たっぷりとクリームを味わうお菓子なので、ふつうのパティシェール(カスタード)仕立ての方が美味しいかと♪ バタークリームが入らないと余計にしとる速度が増しちゃうけど。

b0125145_1549554.jpg


今回のパリ・ブレストは3種のクリームで。ふつうのカスタードに加えてプラリネ入りのカスタード。そして絞りが命のシャンティークリーム。切った断面も3色見えるとキュートですよね。

しとってしまうのをいいことに、作りたてを1人でお3時にいただきまして(笑)お向いさんの分もカットして箱詰め致しました。

旦那様、早く帰ってこないとどんどん消えていっちゃうかもぉ~(笑)

# by ypsilon930 | 2008-11-19 16:08 | 習い事