<   2010年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2010年 01月 30日
ガレット・ブルトンヌ・ショコラ
b0125145_14544655.jpg


ブルターニュを代表するお菓子の1つであるガレット・ブルトンヌ

バターの風味たっぷりでお好きな方も多いこのサブレですが、風味通りたっぷりなバターを使用してますから自制心を必要とするサブレ(笑) 結構軽~い危険な仕上がりにしてあるのでどうしても手が伸びてしまいます...なのでひとまわり小さく焼きました(悪あがき)画像はビターチョコレートを入れたものです。

フランスでは美味しい有塩バターで作るそうですが、明治発酵バターに塩を足してます。いつか美味しいフランスバターで試したいなと思っているのですが、そんなことしたら「もったいない!」と怒られること間違いなし(笑)

b0125145_152410.jpg


左にちょこっと写っているのは一般的なプレーン味。2種類そろえちゃったら2個食べるのが当たり前になりますよね♪

結局小さめに作った意味があまり...ない(笑)

by ypsilon930 | 2010-01-30 15:14 | ypsilonの台所
2010年 01月 28日
チョコレートの祭典へ...
b0125145_17211624.jpg


今年もチョコレートの祭典へ。
昨日から新宿伊勢丹ではじまったSALON DU CHOCOLATに今年も出かけてきました。

...と言っても、決まっているメゾンのチョコレートを単に買いに行ったというのが正解かもしれないですけど(笑)

今回のメインテーマは”オペラ”
本場parisで行なわれたファッションショーでは、オペラ音楽とともにショコラをあしらった衣装も登場したそうです。また会場にはショコラティエ達の作ったオペラにちなんだ作品も展示。

More(続きはこちら)

by ypsilon930 | 2010-01-28 18:41 | おでかけ
2010年 01月 26日
macaronを作ろう!
b0125145_1132812.jpg


イルプル仲間がマカロンを作りにやってきました。

そう、あの時お出ししたマカロンが美味しかったらしく、その場で日程を決めました(笑)
IL PLEUTでももちろんマカロンは習うのですが、実際自分で家で作ってみたら上手くいかないなんて声をよく聞きます。作り方は決して難しくないのですが、オーブンとどれだけ仲良くできるかと生地の状態の見極めがポイントなのではと思います。

作ったのはマカロン・キャフェ。イタリアンメレンゲを使った、去年2月parisのリッツで習った作り方。挟んだクレームは絶対外せないIL PLEUTのクレーム・オ・ブール・キャフェ。イルプルのクレーム・オ・ブールとパティシェール(カスタード)は、絶対これ以上美味しい味はないだろうなぁと思うほど本当に美味しいです。
クレームの他、パールクラッカンとグリュエ・ドゥ・カカオも挟んでypsilon流マカロン・キャフェの完成です。乾燥している冬場はすぐに表面が乾くので非常に作りやすいですね。みなさまぜひぜひ近日中に復習してくださいよ♪

...で、この仲間が集まったからにはマカロンだけで終わるわけはなく(笑)

More(つづきはこちら)

by ypsilon930 | 2010-01-26 12:30 | ypsilonの台所
2010年 01月 26日
豪華すぎる新年会
b0125145_1910384.jpg


去年toko先生のところでphoto雑貨を一緒に習ったクラスメイトさん達との2度目のオフ会が2010年最初の新年会でした。会場は横浜にある隠れ家レストラン・マクシミリアン 実はここのオーナーシェフである素敵なマダムも私達のお仲間なのです!

こちらのお店、お2人様から貸切りになる完全予約制のフレンチ・レストラン。落ち着いた雰囲気の店内と素敵な食器・カトラリーの数々。オフ会をぜひにしたいけど、マダムも一緒に着席してほしいということで持ち寄り~♪

だったはずが...

ご想像いただけた方もいらっしゃるでしょうか?お年始からそれはそれは贅沢なおもてなしを受けてしまいまして、一同ビックリしたわけです。しかしあまりにも素敵だったので楽しんでしまった我々も我々か?美味しくて美しいお料理の数々にいちいちキャーキャー言いながら写真を撮り、完食したのは言うまでもありません(笑)

More

by ypsilon930 | 2010-01-26 10:25 | おでかけ
2010年 01月 22日
ビーフシチュー
b0125145_18353289.jpg


今週、IL PLEUTフランス料理で教えていただいたビーフシチューを早速作ってみました。

正式にはBŒUF BOURGUIGNON ブルゴーニュ風牛の赤ワイン煮ですが、考えてみたら家にあるボルドーワインで煮込んじゃったのでちょっと違う!?でもそもそもお教室で使ってたものも違う...よね(笑)だから気にしませんって、ははっ。ワインや香味野菜にお肉を一晩マリネしてから作る手の込んだ一品です。

しっかりと牛骨まで手に入れて挑んだ私ですが、少し酸味の強いワインを使用したからか微妙に味が...違う!?

美味しくできましたけどね。付け合わせのヌイユ(手打ちパスタ)もスタンバイ中。昨日”いただきます”で習った美味しいサラダもあったりする。ちょっと出来た嫁のように聞こえるでしょ?(笑)

実は本日バースデーを迎えた人がいるのでして...ついにアラフォーから抜けた歳になっちゃったようですがちょっぴりお祝いです。ケーキは珍しくパリ・セヴェイユで買ってきました、だって余裕なし(笑)普段レッスンでは4人で行なう工程を一人黙々とやるのは正直あたふたしましたけど、何とか美味しいシチューが仕上がりました。

ところで牛骨・牛すじを焼いてた280℃のオーブンの扉を開けた途端に熱センサーがぁ~!!
朝の7時に火災報知機が鳴ってしまったのは大きな誤算(苦笑)

身体にもう少しだけ気をつけて楽しい毎日を送って下さいね、旦那さま。
お誕生日おめでとう♪

by ypsilon930 | 2010-01-22 19:04 | ypsilonの台所
2010年 01月 20日
CANAPÉS
b0125145_927386.jpg


今年最初のIL PLEUTでのフランス料理レッスン。
メニューは絶品ビーフシチューでして、夫からアンコールリクエストをもらったので早々に作ってみる ”つもり” です(笑)

そして今回のお持ち帰りメニューは本科でも登場したカナッペ4種類(写真は1種類ですけど...)
個人的にはこのつやつやジュレの中に色々詰め込んだレバーのアスピックが美しくてお気に入りでした。くりぬいたズッキーニやにんじん、そしてカリフラワーは前もって下茹で。レバーもしっかりと火を通したものをゼリーの中に散りばめて固めます。型から抜いたら、最後はブール・サレを塗ったパンの上にのせて完成。

他に3種類作ってきましたけど、どれも手が込んでいるのに一口でパクリとなくなってしまう贅沢なもの。作り手としてはもう少しゆっくりと味わって欲しいなぁと思わずにはいられません(笑)

ところでこのアスピックを作った型ですが、パリのMORAからやってきたものなのだそうで、IL PLEUTでは大事に扱っております。

b0125145_942349.jpg


お菓子道具をパリで買うとき、MORAに足を運ばれた方も多いのではないでしょうか?
私もその一人ですが、買ってきたけど使っていないものも色々あるなぁ...
と1人レッスン中頭の中を道具がグルグルしてたなんてココだけの話!?(笑)

b0125145_947034.jpg


PARISは現在凍えるような季節ですね。何となく懐かしくなって去年のparis旅行の写真を今回はちょっとだけ引っ張り出してみました。次回行く予定は全~く今のところないんですけどね(苦笑)

ところで、毎年早々に満席になりますIL PLEUTのフランス料理教室。今年は珍しくまだ席が確保できるようですよ♪ しっかりと力強い味わいのお料理達です。通ってよかったなぁと思えるレッスンばかりなので、ぜひぜひご検討されている皆様お申込み下さい! 

by ypsilon930 | 2010-01-20 10:04 | IL PLEUT(cuisine)
2010年 01月 15日
SULLY
b0125145_9151738.jpg


白ワインを使ったムースよりも、う~~んと力強さを感じるお味でありながら、何処かシンプルさも持ち合わせたそんなお菓子SULLY(スリー)です。使っているワインはソーテルヌと呼ばれる貴腐ワイン。シンプルになりすぎないように使った底生地のダックワーズが、優しい食感の中でサクサクとしてとてもいい働きをしているなぁと感じます。

IL PLEUT本科第1クールで習うことのできるこのお菓子。2年コースに通っていた私ですが、比較的最初の頃に習ったのでした。その当時「こんな難しいお菓子」とか「上と下の生地が違うなんて難関!」と思った記憶もありますが、久しぶりに作ってみると自分も成長したなと思わずにはいられません(誰もほめてくれないから意外と自分に甘い私!? 笑)

本来四角い形に仕上げるお菓子ですが、持参する箱の関係で丸くしてみました。しかもフランボワーズまで飾ったけど、折角ホワイトチョコで糊付けしたのに現地に到着したらし~~っかりと箱の中で暴れたご様子。まぁこんなものでしょうか、今年の私の運勢って(笑)

b0125145_9285271.jpg


ソーテルヌのムースの中には、シロップに漬けこんだパイナップルとか缶詰白桃、そして冷凍フランボワーズが入っています。

ところでお菓子の仕上げにつけたお砂糖の焦げたライン(模様)は、本来フェラクーペと呼ばれる器具を熱してつけるものですが、うちには珍しく!?存在しないのでお魚用の金串を熱してつけてます。フェラクーペさすがにそろそろ買おうかなぁと思っているけど、意外にもお値段がするものなのでこのまま気持ちは薄れるかも?(笑)

このお菓子を持参した素晴らしい新年会のお話は、写真の整理をつけたらアップします。えーえー、写真撮りすぎたわけです(笑)

皆様良い週末を♪

by ypsilon930 | 2010-01-15 09:38 | ypsilonの台所
2010年 01月 13日
年始も整理整頓
b0125145_10235056.jpg


昨日やっとお菓子作りも始動しました。明日お友達と一緒に食べようとお菓子を仕込みました。
久しぶりに作ったメニューなので、まじめにレシピを穴が開くほど読んでイメージしてから取り組みました(笑)明日仕上げをしたらまたご紹介したいと思います。

現在冷凍庫でガッチリとかためているところですが、入れようとしたら昨年のクリスマス用に作ったいちじくのビュッシュが場所を占領していたのでめでたく!?解凍となりました。お正月に楽しもうと取っておいたものでしたが、ガレットでおなかが忙しくて全く手をつけられませんでしたねー。来週も1台作るし、2月のajaxちゃんのところで行なわれるヴァレンタインイベントのケーキも担当させていただくことになったので、冷蔵庫冷凍庫をし~っかりと空けるように計画をしないと大変なことになります。新年から整理整頓。

これがずーっと維持出来れば年末の大掃除は楽勝なんだけどね、と思うのはいつものことです(笑)

by ypsilon930 | 2010-01-13 10:38 | ypsilonの台所
2010年 01月 12日
roma2009 ~SAN GIOVANNI IN LATERANO~
b0125145_2318419.jpg


教皇座がヴァティカンに移るまでカトリック教会の中心だったサン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂。何故か日本の方には馴染みないのがとても残念。中庭にある回廊も美しくて、8月のローマ旅行で印象深い場所のひとつでした。他に撮った写真は長らく放置していた(スミマセン 苦笑) ypsilonの散歩道でゆるりとアップしていくつもりです。

そろそろこのダラダラ旅行記もしめないと新年になった気がしないので!?次回まとめに入っちゃおうかと漸く心を決めたところです(笑)

by ypsilon930 | 2010-01-12 23:32 |
2010年 01月 07日
そして再びエルメへ
b0125145_16395394.jpg


今年ピエール・エルメ青山店限定で予約販売にて売られたスペシャルなガレット・デ・ロワ
お味はマロン黒糖で、先ほど引き取りに行ってまいりました♪ お味見は後ほど。

もう自分としてはガレットを買うのはおしまいなんて思ってたのですが
主人が「マロン黒糖ならちょっと食べたくない?」なんて誘惑するもので(笑)
毎年エルメのガレット・デ・ロワだけは味が楽しみで買っているので、こちらも楽しみです。

ビジュアルは先日のプラリネの方に軍配が上がってますが、青山店もいつも対応が良くて気持ちよくお買いものできます。

b0125145_1653467.jpg


さて先日ご紹介しなかった今年のフェーヴはこちら。どうです、この焦げた まっ黒のフェーヴ(笑)数年前に登場したまっ黒なトリュフマカロンにも度肝を抜かれましたが、可愛らしいフェーヴを黒にするのはどうかと個人的に思いました。これをモダンと感じるかはちょっと微妙。

実は先日と同じフェーヴになりそうだったので、お願いしてフェーヴを別のものにしていただいちゃいました。マカロンと悩んだ末(残念ながらイスパハンはもうなかった 涙) そういえばフェーヴで持ってないサントノレにしました(黒くてわかりづらいですけど 笑)
ところで↑もう一つのお菓子の名前が思い出せなくってイライラしています。どなたか~(懇願)

そういえばエルメ以外、ガレット自体の写真を収めてないことに今さら気づいたので来年は見た目も記録したいと思います。

ところで他にどこのガレットが美味しいのかとよく聞かれますが、それはイルプルですよ(生徒ですから 笑)
来年ぜひぜひオリジナルフェーヴを作っていただけると元旦から沢山の人が押し寄せるんじゃないの~?なんてちょっと本気で思っています(笑)

by ypsilon930 | 2010-01-07 17:22 | ypsilonの台所