2010年 05月 12日
ニコロ
b0125145_1745238.jpg


実は長い間、片思いしていたお菓子ニコロ。

”少量でおいしいフランス菓子のためのルセット”第4巻で見かけてから食べてみたいなと思っておりました。しかも密かにイルプルのお教室にも写真が飾られていたりもする。だから妄想がもう、すごいことになっていました(笑)

キッチンエイドのクラスでも習えるそうですが、大量生産なお菓子作りをする機会は今のところなさそうなので見送っていました。今回1日講習のメニューとして登場ということで申し込み。

ライムとフランボワーズのお菓子です。
予想通り、独特のライムの香りと酸っぱさがキーーン!身体が自然ときゅっ!となりましたよ(笑)
ライムはフレッシュなものを使用。皮はすりおろし、ジュースもた~っぷりとしぼっています。
やわらかいムースと、冷えても固まらないライムのジュレ。本来はライムのジュリエンヌを上に飾りますが、残念ながら割愛しました。

爽やかな味わいで、熱い夏の日にアイスティーといただいたらぴったりかも!
...とさらに別の妄想がふくらんでいたりもする(笑)

by ypsilon930 | 2010-05-12 18:16 | IL PLEUT(pâtisserie)


<< にんじんのパウンドケーキ      チーズケーキと母の日 >>