2010年 03月 18日
北陸物語 ~白川郷・氷見~
b0125145_13202046.jpg


今回は車で旅行へ出かけました。
週末ともなれば高速代1000円のお世話になれるわけですが出発は平日。でも午前4時までに高速にのれば結構いい割引がいただけるということで、3時頃起きだして頑張って運転して行きましたぁ~夫が(笑)私は予想通り、車中でコックリコックリしてしまいまして...ダメ嫁 途中から起きました。

チェーン規制にあいながらでしたが、長野あたりからそれはそれは美しい雪景色。木に降り積もった雪がまるでお菓子のように可愛らしくて、眠気がどこかへ吹っ飛ぶほど(寝たから当たり前か?) ウキウキです♪

とりあえず最初に向かったのは一日目の宿泊先となる富山県・氷見。
9時前に無事到着し、美味しい朝ごはんを求めて氷見港へ!氷見漁港食堂・海賓で氷見名物の”かぶす汁”でほっこりです、美味♡ かぶす汁は色々な魚のぶつ切りが入った漁師料理。鰤やほうぼう等々がこの日は入っていました。私はそれと鰤の塩焼き、主人は新鮮なお刺身。本来は漁港の方々がおなかを満たすための食堂ですが、一般の人も入れます。運が良ければお店の近くから魚の競りも見られる模様。



で、チェックインまでにはた~っぷりと時間があるということで、ここから再び高速にのり、一度通り過ぎた岐阜県にある白川郷まで戻りました。

b0125145_14113081.jpg


実は一度でいいから世界文化遺産・飛騨白川郷合掌集落をみたいと思っていたので、今回主人に頼んでいました。ただ3月に入ると雪がとけてしまっていることも多いらしく。しかし日頃の行ないがいいということなのか!?前日にどっちゃりと雪が降った上に、訪れた日はぴーかん(@晴れ女パワー全開)

b0125145_14273556.jpg


ふかふかの新雪に手も足もつけたくなるのわかるでしょ?
でも、大の字で体跡をつけたい気持ちはグッと我慢です(笑)

b0125145_14462239.jpg


やっぱり白川郷、雪景色が最高に似合っていました。合掌づくりとは掌を合わせたような山形の茅葺き屋根がある建築。白川郷は”切妻合掌づくり”と呼ばれる様式で、積雪の多いこの地方に適したつくりになっているのだとか。木製のくさび等が使われ、鉄の釘等は一切使用せずに作られてます。

b0125145_14365059.jpg


せっかくなので公開されているものの1つ、加賀藩にもゆかりのある”長瀬家”を拝見してきました。

b0125145_14464560.jpg


こちらは展望台からのお気に入りの1枚。ここではおじさま方が三脚使ってぱしゃぱしゃとシャッターを切ってました。私はというと思いっきり絞って腕三脚で頑張りましたよ(笑)

で、そろそろチェックイン時間も近いということで氷見へ戻ります。早めにお部屋をいただいて温泉につかり、お食事までの間ひと寝したい主人です(当たり前だ 笑)

b0125145_14571124.jpg


今回お世話になったのは永芳閣さん。このあたりをネットで検索かけたら最初に出てきたからという単純な感じで(笑)よくある大きめな温泉宿(ホテル)という感じでしょうか。私達はお食事をお部屋でいただきたかったので新館の和風スイートをお願いしました。もちろん富山湾が一望できるお部屋。そして!

b0125145_152391.jpg


お夕食には白えびコースです!
...と言っても、相変わらず白えびのお造りや昆布〆は撮り忘れて...追加で注文したホタルイカの粕漬けも忘れましたが(しゅん) ライトが最悪だったので撮影する気が少しダウン気味だったということで...これで半分くらいでしょうか?実はお寿司も5貫あったのに気付いた時には残り2貫..そして主人のお皿は空っぽ(爆爆)

氷見牛のしゃぶしゃぶもついて、満寿泉の日本酒もすい~っとすすみました。初日からおなか苦しっ。

そして翌朝...

b0125145_1593277.jpg


主人に起こされて見ることが出来たサンライズ。お部屋の目の前には富山湾、海の向こうには立山連峰です。

そして温泉にまた朝からつかり、朝食もしっかり食べて、次の目的地へ向かったのでした。つづく...

by ypsilon930 | 2010-03-18 15:25 |


<< うどんすき~~♪      ただいま >>