2010年 03月 07日
3月だけど鴨祭り
b0125145_9144012.jpg


鴨が大好きな私でして...

密かに楽しみにしていたIL PLEUTフランス料理のメニュー”鴨のリエット”
フランスから、冷凍されずにやってきた鴨のもも肉を贅沢に使ってます。脂が足りなくて日本の合鴨の皮をすこ~し足すことになりましたけど、ほんの数グラムですから味は落ちずに済んだのではないでしょうか。

豚のリエットはよく作る我が家で、ゲストの皆様にもご好評をいただいているメニューの1つ。でもこの冬は、冷蔵庫にパテやテリーヌが鎮座してたので(IPのせいだぁー笑)作る気にはなりませんでしたけど!?明日襲撃してくる面々のためにあわてて作りました(爆爆)塩豚の漬け込みが時間なくて省略気味になった故、味わいが本来と違ってぼやけて優しい感じですが許して下さいね。

...話を戻してこの鴨のリエット。キャトルエピスの香りがポイントですねー
いい感じに馴染んでて、ちょっと気にいってしまった一品。リエットのバリエーションが増えて嬉しい♪
1人1台(小さなラムカンに2個分くらいの量)お持ち帰りしています。もちろんプラスチックの容器でね(笑)帰宅してから詰めなおしました、だって味気ないです(笑)



b0125145_929223.jpg


そしてお馴染み!?レッスン後の販売会!?(笑)
今回は初めて名前を聞いたようなきのこ類はじめ、鴨のもも肉が登場。
人気のきのこちゃん達に反して「何本くださ~い!」の声は私だけかと一瞬ひるんだけど!?
その後みんなも続いてくれてよかったよかった(笑)

...で何にしたのかって?鴨のラグーソースを作ってパスタにしたいとグツグツ骨付きのまま煮込みました。
出来上がったものがそれはそれは美味しかったので、パスタにする前に一部はそのままトマト煮込みでかぶりつき♪

b0125145_9354240.jpg


そしてその翌日はこんな風にお肉を崩して手打ちパスタに絡めてみました。
...ってパスタの写真はいつものようにありませんけど(苦笑)
ジビエの季節終わったというのに、鴨祭り真っただ中の我が家なのであります(まだパスタソースあります)

ところでリエットを習ったこの日は、肉・肉・肉のメニューでした。
最終回なのでガッツリ!ということでしょうか?(笑)
帰宅して玄関に入ると、いつもは香ってくる玄関のお花が...匂わなーい!!
そうです。自分にくっついてたお肉や脂がプンプンにおっててねー速攻でお風呂に入ってしまいました(笑)クラスメイトさん達と団体で帰ったので、きっと電車の中は迷惑極まりなかったことでしょう。この場を借りて!?お詫び申し上げます(爆爆)

ということで、一年間通ったフランス料理は振り替え分を残して終了しました。帰りには椎名先生から証書をいただきましたけど、月末には、きっとこれで人生最後の卒業式が待っております。またこちらの様子は後日お伝え出来たらと思います。

椎名先生・深堀先生そしてスタッフのみなみな様。一年間お世話になりました&これからもどうぞよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

by ypsilon930 | 2010-03-07 10:00 | IL PLEUT(cuisine)


<< FESTA DELLA DONNA      SEBASTIEN BOUIL... >>