2010年 01月 26日
macaronを作ろう!
b0125145_1132812.jpg


イルプル仲間がマカロンを作りにやってきました。

そう、あの時お出ししたマカロンが美味しかったらしく、その場で日程を決めました(笑)
IL PLEUTでももちろんマカロンは習うのですが、実際自分で家で作ってみたら上手くいかないなんて声をよく聞きます。作り方は決して難しくないのですが、オーブンとどれだけ仲良くできるかと生地の状態の見極めがポイントなのではと思います。

作ったのはマカロン・キャフェ。イタリアンメレンゲを使った、去年2月parisのリッツで習った作り方。挟んだクレームは絶対外せないIL PLEUTのクレーム・オ・ブール・キャフェ。イルプルのクレーム・オ・ブールとパティシェール(カスタード)は、絶対これ以上美味しい味はないだろうなぁと思うほど本当に美味しいです。
クレームの他、パールクラッカンとグリュエ・ドゥ・カカオも挟んでypsilon流マカロン・キャフェの完成です。乾燥している冬場はすぐに表面が乾くので非常に作りやすいですね。みなさまぜひぜひ近日中に復習してくださいよ♪

...で、この仲間が集まったからにはマカロンだけで終わるわけはなく(笑)



b0125145_11451057.jpg


今回はお料理教室いただきますにて、こばティー(彼女もイルプル仲間ですよ♪)に教えていただいたイタリアンを中心に作ってみました。少しアレンジして遊んでますが(苦笑)どれもお気に入りで我が家の食卓に頻繁に登場しているメニューです。

茹で野菜と鶏肉のアンチョビサラダは主人も大のお気に入りのサラダ。今回使った野菜は加賀レンコンとブロッコリーとルッコラ。

先週習った絶品のサルサ・ヴェルデは魚介とあえました。海老の他、明石のタコと季節のやりいか、そして紫玉ねぎ。玉ねぎ意外はすべて軽く茹でます。お客様の時はあまり生のお刺身はお出ししないことが多いです。

生ハムは先日新年会にてSさんから教えていただいた食べ方をアレンジ(本来はクリームチーズ)  リコッタチーズにHさんお手製のゆずジャムを混ぜて、生ハムで包みました。すごく新鮮な食べ方ですよ。

b0125145_11573782.jpg


こちらはtakumamaちゃんからのサラダ♪ これ美味しいんですよ!主人にも好評☆
これだけ沢山のお野菜が入っているのがまた美味しさの秘訣なのだそうです。早速真似っこする気満々。

...で、ばったちゃんからのお豆たっぷりスープなんだけど、どうやら写真を撮り忘れた模様(涙)
誰か撮ったよね?...と思っているんだけど。ばったちゃんゴメンネ~~ (>_<)

b0125145_1232534.jpg


そして今回はメインをパスさせていただいて、パスタだけ。こちらもいただきますで教えていただいたトロフィエ・サフラン風味の海老トマトソース。もうね~これ何度も作っちゃってる我が家の定番メニューです。トロフィエもサフラン水で仕込みます。

b0125145_1262871.jpg


デザートも今回はさぼりました(苦笑)
そしてmaruちゃんからのTAKAGIのケーキを食べた我々。どのケーキにする?なんて沢山のケーキから選ぶシチュエーション、最近あまりないからこれまた楽しかったかも♪

b0125145_1211108.jpg


もちろん最後にマカロンも味見♪
そして残りのマカロン達はお持ち帰りいただきました。

盛り上がりましたねー今回のレッスン(笑)とにかく静かになるのは”写真を撮っている時””メモ!?をとっている時”だけですから。欲を言えば3人プラス私でキッチンに立つのはかなり無理があったってことかな(爆)次回何かするときはダイニングスペースでしようね、とみんなが帰宅してから反省しきりの私なのでありました。

沢山の美味しいお土産達もありがとでした~♪
また近いうちに遊びにいらしてね。

by ypsilon930 | 2010-01-26 12:30 | ypsilonの台所


<< チョコレートの祭典へ...      豪華すぎる新年会 >>