2009年 11月 09日
テリーヌ・ドゥ・フォア
b0125145_1983233.jpg


先週のイルプル・フランス料理のレッスンからテリーヌ・ドゥ・フォア。
フォアグラではなくて鶏レバーのテリーヌで、合鴨や豚・仔牛も贅沢に入っている1品。

1人テリーヌ型1台ドドーンとお持ち帰りしまして、当然まだしっかり冷蔵庫にあります。2人で食すにはた~っぷりな上、一応「美味しくなるのは1週間経ってから」なんて聞いたからにはしっかり1週間ねかせてみました。

...とはいえ、ちょこちょこと美味しいvironのバゲット・レトロドールを買ってはちみちみと味見しています(笑) 発色剤となるローズセルは今回使用せず、色が自然な感じに仕上がっています。これからこういうテリーヌとかパテとか数種類習えるのでまた楽しみが増えました。

体重が増えることも間違いないけど...

by ypsilon930 | 2009-11-09 19:23 | IL PLEUT(cuisine)


<< アーモンドのパイ      チョコレートとマロンのお菓子 >>