2009年 10月 07日
フラン・ナチュール
b0125145_1722167.jpg


昨日はイルプルのフランス料理のレッスンに行っておりました。

10時からはじまるレッスン、通常17時には帰路についていることが多い中、昨日ははじめての長丁場で気付いたら18時過ぎまでお教室に滞在。当然帰宅ラッシュにあってしまい、しかも家に辿り着いたらすでに主人は仕事を終えて家でのんびりしておりました(汗)

でもこういう時、フランス料理レッスンの場合は持ち帰り品が多いので温めればすぐに夕食にできる!ホント助かります(笑)
来年受講をご検討中の方はぜひぜひ~と言っておきましょう♪

お料理3品のほか、1品デゼールも作ります。先生のデモの場合もありますが、「イルプルのお菓子は大変そうだからなぁ...」と尻ごみされている方も、お菓子のイントロダクションにいいかもしれませんよ。

昨日のデゼール・メニューは画像のフラン・ナチュール。
パート・ブリゼ(生地の仕込みはデモでしたが...) を型に敷きこむところから作りました。空焼き後に、フラン・ナチュール用に配合されたパティシェールを炊いて、型に流し入れて焼き上げます。

b0125145_17192655.jpg


「イルプルにしてはとても優しい味わい」と先生は仰ってますが
この絶妙なカスタード味はやっぱりイルプルの味ですって!と私は思います(笑)

ところで昨日クラスメイトさん達が写真談義。
みんなやっぱり自分で作ったお料理やお菓子を綺麗に写真に残したいというのは当然のこと。

構図や切り取り方も大切な要因だけど、私は実際被写体になるお菓子を見てイメージを持つことが上達の近道だと信じてます。今日はこの素朴なフランをナチュラルに撮りたくてこんな風にシャッターを切ってみましたがいかがでしょうか?私も日々勉強中~みんな一緒に頑張りましょ☆

そうそう、コンパクト・デジカメでもイメージを作って撮影するだけで写真は素敵になります、絶対♪

by ypsilon930 | 2009-10-07 17:44 | IL PLEUT(cuisine)


<< バナナのパウンド      秋の実り >>