2009年 08月 03日
美味しい恒例行事
b0125145_1915812.jpg


今年もこの季節がやってきました。ドゥ二・リュッフェル氏を迎えての技術講習会!
(去年の様子はこちら→
去年同様、実習付きのフランス料理一日講習の方に参加しまして、お菓子の方は他の方のレポで我慢!(笑)やっぱりどちらにするかと言われたら、ドゥ二さんに直接指導してもらえるお料理の方が私にとっては魅力的に感じました。今年もお元気なお姿を拝見して嬉しかったです。

4品教えていただいたうち、2品は実習、2品はデモです。画像のお馴染みヴィシソワーズですが、”お馴染み”なんて言葉をつけてはいけないくらい美味しくて素晴らしいテクシチャー!!私の作ってたものは一体何だったの?って反省しきりですよ、とほほ。ドゥ二さんオリジナルの隠し味がまたいいお味でした。

添えてあるのはトリュフ入りのバターが塗られたバゲット。トリュフはじゃがいもやポロねぎととーっても相性が良いそうだけど、これはどうやっても家では出てきませんからね~(笑)どなたかプレゼントしてくれるなら話は別よ?!(笑)

b0125145_18161632.jpg


こちらもヴィシソワーズ同様の実習品。いかのトマト煮込みバスク風 サフラン風味のリゾット添えです。いかのくせに(@失礼)立派なお料理になっていて思わずにっこりです。思ったよりもやわらかーく仕上げたリゾットでしたが、考えてみれば今回はフランス料理だった!(笑)ぴりりとちょっぴりだけ辛くって、夏にいただくのにぴったりな一品でした。

b0125145_18212112.jpg


こちらはアルザス地方の煮込み料理 ル・バエコッフ。贅沢に豚も羊も牛も入ってます。
本来は専用のバエコッフ鍋で作るものですが、テリーヌ型やル・クルのココットで作り上げました。実はこういう煮込み料理ってすごく好き♪ オーブンに放り込んでおけばってとこが特に好き♪(笑) 材料をそろえれば頑張って出来るな~ってルセットを眺めてますが?!ん、頑張れるかなぁ...

b0125145_18213948.jpg


そして午後の大作?! 北アフリカ風仔羊肩肉の煮込みクスクス添え。1キロのクスクスを作り上げていくドゥ二さんをみてびっくりしましたが、それを平気で食べている私達も私達(笑) 午後のデモはすべてこれに費やされました。詳しく文章で書くこともできないくらい出来上がるまで手間がかかってます。肉団子も煮込んだお肉もメルゲーズも全部別に作る贅沢な一品。こちらもぴり辛で夏に美味しーい。

もちろん食べきれなかったのでお持ち帰りしましたよ、念のため。デモの2品は直接ドゥ二さんが作られたものですから、主人のおなかにも運んであげないと、スポンサーが来年からいなくなっちゃう?!(笑)

今年も参加できたことに感謝して。
ドゥ二さん&イルプルの皆様、素敵な一日をありがとうございました。

by ypsilon930 | 2009-08-03 21:32 | IL PLEUT(cuisine)


<< 暑中お見舞い申し上げます♪      パプリカのムース >>