2009年 05月 29日
チョコレートのタルト
b0125145_2224348.jpg


チョコレートのタルトを焼きました。

タルト生地はどうせ仕込むなら1台分ではもったいない!同じ手間なので最低2台分1度に作るようにしています。余った生地は先日ご紹介したようにサブレに変身したり、小さなタルト型やプチフール型に。思いついたタルトの試作に使うことが多いです。

今回は余り生地ではなくて1番生地でチョコレートのタルトを。イルプルのレシピで、本式には”タルト・カライブ”と呼ばれてます。毎年夏に向け、酸化する前にチョコレートを使い切るようにこの季節はチョコレートのお菓子を作ってます。

もともと私、チョコは好きだけどチョコを使ったお菓子・ケーキは”別に・・・”というようにあまり熱狂的ではなかったのですが。ブラウニーは好きでもガトーショコラですらあまり魅力的には思っていませんでした。でもIP本科第一クールに通っている頃、このタルト・カライブとビュッシュ・ショコラに出会って衝撃が走った!素直に美味しいって言える私がそこには居たのです。これもペック社のチョコのおかげでしょうか?よくホワイトチョコのお菓子を作って人に味見していただくと「ホワイトチョコ苦手だけどこれは美味しい♪」と言われます。ペック・マジック!怪しい媚薬が入っているわけではないよね?(笑)

b0125145_22171924.jpg


ガナッシュ部分も含めて4種類のチョコが贅沢にも使われてまして、美味しくないわけはありません(笑)しかも今回もいけない生徒ヴァージョン仕上げでして?(笑)先日購入した、チョコレートをかけたカカオニブを飾ってみました。そもそもカカオ分の高いビター系を使っているので大人なチョコタルトですが、カカオニブの苦さも加わっていい感じですよ。丸型のタルトではなく、長方形の型で作ってみました。わかりにくいかもしれませんが、2層に分かれています。焼いたチョコレートタルトの上にガナッシュを流しているんです。そのままでも美味しいケド、冷蔵庫でひんやりと冷やしてもとっても美味しいタルトです。

コーヒーが間違いなく合いますって!今週末のんびりと朝ごはんでいただきたいと思います。
皆様も良い週末をお過ごしくださいませ♪

by ypsilon930 | 2009-05-29 22:31 | ypsilonの台所


<< COOL BEAUTY      くるみと甘夏ピールのライ麦パン >>