2009年 03月 04日
感じるparis
b0125145_9254261.gif


贅沢なことですが、parisには何度となく足を踏み入れています。18歳の時はじめて1人で飛行機に乗った行先もparisでした。独身時代イタリアと並んで、時間ができれば訪れていました。いつの頃か、海外旅行=paris経由イタリア行きが定番化していったのでした。

でもイタリアフリークの主人と結婚してから、経由地なしのイタリアどっぷり旅が重なりました。主人にとっては今回一応3度目のparisだったようですが、何れも1-2泊だけのトランジットで観光はほとんどしていなかった模様。イタリアには正直太陽が降り注ぐ季節や秋の味覚の頃に訪れたい2人の気持ちだったので、1年を通して楽しめるモノクロの似合う街parisを行き先にした私達です。18歳の時と、そして仕事時代の同僚達と行って以来のどっぷり初心者観光コースの今回でしたが、今まで感じることを忘れていたparisの顔がまた見えた気がします。観光したおかげで、カメラライフもと~っても充実していた旅でした。





b0125145_9455432.gif


滞在中、同じ時期にparisに滞在していたランチ友(会社の元同僚)と夕食をとっていた時、昔の私のように「1-2泊だけでもいいの(彼女は今回スペインが目的地) parisは街を歩いているだけで楽しめるから・・・」と言っていました。それもそうなんだけどね。でもあの当時感じることができなかったものが今回沢山あったな~と正直思いました。主人と一緒になってからはのんびりと目的地は1都市(もしくは1地域・州)が定番化。昔のように、思いたったらいつでも海外旅行も羨ましいとは思うけれど、その分”大切に丁寧に楽しむ”という感覚が生まれたように思えました。仕事をしていた頃の私には絶対わからなかったことが一杯あります。そんな違った目線で今回は楽しんできました。

人それぞれの旅の仕方があり、味覚も違い、趣味・したいことも違うものです。だから今回はディープな旅行記という形ではなく、さらりと綴って終えたいなと思います。何処へ行ったかは”ypsilonの散歩道”でご想像下さい。1日1枚アップしても2年は続くくらい写真はあります(そんなことしませんが 笑) こちらのブログでは美味しい画像達をひとつにまとめて、そして一番の(?)ビッグイベントはご紹介していく予定。

b0125145_9571912.gif


今回はご覧のようにアパルトマンステイをはじめて選びました。オフシーズンということもあり、とってもお安く泊まれました(航空券も安い時期でしたからね♪) 今回ルーブルの画像が数多く登場しているのは、歩いてすぐのところだったからなのでした。お料理・お菓子道具のお店にも徒歩で行ける距離で、私にとっては最高でした(笑) 日本人のコンシェルジュがいるエージェントもありましたが、割高なので英語で契約ができるところを利用しました。小さな小さなキッチン付、我が家のものより高級な(笑)ミーレの洗濯乾燥機、そしてインターネットサービスもあってなかなか良かったです。もちろんネットでチェックしていたよりは古くなってたけど(笑)しかもバスタブがついていればさらに文句はなかった(爆)

b0125145_1045662.gif


小さなキッチンがついていたので楽しめた食材も沢山あった今回。BIOマルシェで買ったサラダ用のお野菜・・・写真に収めなかったのが悔やまれますが、1枚の紙で包んでくれたその姿が最高に可愛かったのよね~あー残念。

はじめてのアパルトマン生活、掃除洗濯は自分でしなくちゃだったけれど、次回もはまりそうです。今度は絶対バスタブとオーブンだけど! 

by ypsilon930 | 2009-03-04 10:23 |


<< かぶりつきparis      そして発表♪ >>