2008年 12月 25日
BIREWECKA
b0125145_1735274.gif


月曜日のイルプル卒研3で教えていただいたお菓子のひとつ”ベラベカ”(ビルヴェッカ) 
ノエルの頃に食べる季節のお菓子が沢山あるヨーロッパですが、こちらはアルザス地方に伝わるものです。アルザスで洋梨のことをベラベカって呼ぶんですって。洋梨をはじめとするドライフルーツがどっちゃり入ります・・・というよりドライフルーツばっか(笑)

これ、すっごく美味し~~い!
ってことに今頃気づいたのですが(汗) 

これまでこの季節にはシュトーレンばかりに気を取られてたけど、こんなに美味しいものだったんですね。天然酵母パン教室でも習ってたはずだから、今度改めてそれも作ってみたいかもぉ・・・だって記憶の彼方(汗)

b0125145_17493344.gif


ちょっとの発酵生地に10倍くらいのドライフルーツを入れていくのですが、右腕がつりそうになるくらい練って練って練って練って・・・

ムッシュ弓田いわく「最後は納豆みたいになる」のですが、ことわっておきますけど匂いじゃありませんよー(笑) 指と手にべっとりねっとり付く感じは確かに・・・と納得でしたっ。最初が肝心ということで、ムッシュのOKが出るまで気が遠くなるほど練りましたが、手をしっかり洗ってたからもらっていただいたお友達はご安心を(笑)

ベラベカは見た目が非常に地味なので、少しでも雰囲気を出そうとキャンドルに火をともしてみたけど、実は反則で撮影は真っ昼間(笑)カーテンは引いたけどね。

b0125145_1758529.gif


ということで暗くなってからも撮ってみたけど非常に難しい!シャッタースピードがとんでもなく遅くなったので逆にSモードで撮り、おかげでボケボケになりました (>_<)

ちなみにシュトーレンは大事にとっておいたKIBIYA BAKERYのものです。

皆様はどちらがお好みですか?

by ypsilon930 | 2008-12-25 18:19 | IL PLEUT(pâtisserie)


<< アリガト      サンタは来ましたか? >>